Archive  RSS  Login

劇団ぺブル(ぺブル・グラベル) 公式ブログ

ペブルは小石。グラベルはもっと小さな小石。足をとめて観てください。小石たちのお芝居を!「心にひっかかるオリジナル大衆劇」を年に一度お届けします!


 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: 第五回公演【最新作】 > 「竹蔵さんのおくりもの」(岡山公演)  

最新公演情報

劇団ぺブル第5回公演
竹蔵さんのおくりもの
~初の岡山公演~

劇団創立8周年を迎え、東京を拠点に公演を重ねてまいりました劇団ぺブル
初の岡山公演は、当劇団代表作「竹蔵さんのおくりもの」を再演いたします
笑いと笑いと涙と涙、ラーメン屋台を舞台に送る人情喜劇、ご期待ください。

ラーメンとビールしかおいてない
味で勝負のラーメン屋
雨が降っても風が吹いても
そこにいけばある屋台
頑固で無口な竹蔵さんが
のこしていった「おくりもの」とは?

【日程】
2017年1月28日(土)~1月29日(日)

0takezousono2_convert_20160921185642.jpg

【物語】
街の外れの河原のほとり、ぽつんと営むラーメン屋台、
竹蔵さんと呼ばれる店主は妙に頑固と評判だが、
その味を愛する客は多くいつも屋台はにぎわっていた。
いつの頃からか夏子という女性がその屋台を手伝っている。
はた目には夫婦とも父娘とも見えなくはない二人。
夏子は竹蔵さんを手伝いたいから手伝っている、という。
ある日、竹蔵さんが倒れる。
それ以来、竹蔵さんの代わりに屋台に立つ夏子だったが
少しずつ竹蔵さんの秘密に気づきはじめる…

【出演】
池田英恵
斎藤淳〈劇団俳優座〉
能勢拓弥
萩本舞〈マドモアゼル〉
川西孝明
寿々翠
山城秀之
山田亮〈集団as if~〉
桂ゆめ〈劇団俳優座〉
山田陽平
北岡亮輔
桐谷裕介
 
【作・演出】 川西孝明
【舞台監督】 山田陽平
【音響・照明】 入船千帆美
【宣伝美術】 まちだぴろり
【舞台美術】 石島製作所
【スタッフ】 江副さやか
【制作】  劇団ペブル

【会場】
玉野市立総合文化センター 大ホール
(宇野駅徒歩15分、バス停玉野市役所前徒歩5分)
↓下記ページに所在地の地図、駐車場の場所等詳細あり
http://www.city.tamano.lg.jp/docs/2014022300091

【開演日時】
1月28日(土)15:30
1月29日(日)13:30

【チケット料金】
前売2500円、当日2800円

【チケット予約】
当サイトからチケット予約できます。
↓チケット予約ページはこちら
http://pebblegravel.blog.fc2.com/blog-category-33.html

【お問い合わせ】 
E‐mail pebble.gravel@gmail.com
TEL  080‐1646‐2063 (制作)       
Twitter ぺブル・グラベル(@pebble_gravel)

※ぺブル・グラベル公式ブログ にて追加情報随時掲載いたします。

竭、繝壹ヶ繝ォ繧ー繝ゥ繝吶Ν邨オ莉論convert_20120119104244


スポンサーサイト


Category: 第五回公演【最新作】 > 岡山公演日誌  

第223話 再演、竹蔵さん

劇団ぺブル、初の岡山公演は、
「竹蔵さんのおくりもの」を上演します。

「竹蔵さんのおくりもの」は
2013年の第三回公演、東京は八幡山ワーサルシアターにて
初上演されました。
今回、岡山にて4年ぶり、初の再演となります。

なぜ、岡山で公演をするにあたり
この「竹蔵さんのおくりもの」という作品を選んだのかというと、
私にとって一番思い入れのある作品だったからです。

この芝居ほど作って難しい芝居はありませんでした。
でもこの芝居ほどすべてがうまく調和した時、
心を揺さぶられる芝居もありません。

劇団ぺブルの代表作です。

ただこの芝居には弱点があるのです。

上演時間が長い!
二時間こえるのは覚悟してください。

竹蔵さんを再演するにあたり、
台本を見直しました。
長い芝居をもうちょっとすっきりさせようと
ところどころ書き直しました。
するとどうでしょう?

前より長くなっている気が…
おかしいな…(笑)

もっと面白くしてやろうという欲が
知らず知らず台本をかさ増ししてました。

もう開き直ろうと。
この長さを楽しんでいただきたいと!

たっぷりと時間ありますので、
たっぷりと竹蔵さんの世界に浸っていただけると思います。

ご期待ください。

公演はじまるまで、竹蔵さんの紹介も兼ね、
なるべく当ブログ更新してまいりたいと思いますが、
毎回、ご期待くださいでしめたいと思います(笑)

つづく…






Category: 第五回公演【最新作】 > 岡山公演日誌  

第222話 初の岡山公演

お久しぶりの更新となります。
第4回公演「あけみママを待ちながら」からはや2年と数ヶ月、
日々は飛ぶように過ぎていきます。

東京にてぺブルの公演を待ってくださっていたお客様には
本当に申し訳ないのですが、主に私の諸事情から
なかなか東京で公演をできるほど休みがとれなくなりまして…

それでもぺブルを存続できないものかと
考えた結果、一つの策として浮かんだのが岡山公演です。
主催の私が東京に長く滞在できないならば…
逆に東京の役者・スタッフの皆さんに私の地元岡山に来てもらえば…
ぺブルとして芝居はできる!
という安易な考えの策。

今回の劇団ぺブル初の岡山公演、
きっかけはそういうところにありました。

しかし初めてのことなので問題が山積み…

ぺブルのメンバーがみんな岡山まで来てくれるだろうか?
岡山の私の住む地域では演劇に対してあまりなじみがない、
公演をできる場所があるだろうか?
東京では作ってもらってた舞台セット、どうやって作ろうか?
音響・照明を頼める人はいるだろうか、機材はどう調達しようか?
そしてなにより、お客さんに集まってもらえるだろうか?

不安だらけで押しつぶされそうになりましたが、
一か八かやってやろうと最後は賭けの気持ちで
岡山公演やることを決めました。

そして今、公演を間近に控えて、
不安だったいろいろなことの
ほとんどが解消されてきました。
そこには私の力ではなくて、
私が考えていた以上に協力してくださる皆様の力がありました。

今まで支え続けてくれましたぺブルのメンバーに加えて、
集客に奔走してくださる地元の協力者の皆様、
おかげさまでぺブル初の岡山公演、
なんとか恰好がつきそうです。

いや、形として恰好がつくだけではダメなのです。
ここまでくると皆様のご協力に報いたいです。

良い芝居を故郷に届けたい。
観てくださるお客様に、芝居っていいものだなぁと感じていただきたい。
また芝居をみたいなぁと思っていただきたい。
芝居をやってみたいなぁというきっかけになってほしい。

そういう主催としての欲がでてまいりましたので、
公演までの残りの日々、
稽古含めて芝居の質を練り上げていきたいと思います。

ご期待ください。

つづく…









Category: 第四回公演【終演しました】 > あけみママのできるまで  

第221話 お疲れ様でした,あけみママ

ペブル・グラベル第4回公演
「あけみママを待ちながら」
全7公演、無事終演いたしました。

観に来ていただいたすべてのお客様、
公演に携わった関係者の皆様、
一人一人にお礼を言いたいですが、
ここはまとめて…
本当にありがとうございました。

ペブル・グラベルは一年に一度
「心にひっかかるオリジナル大衆劇」を
お届けする劇団をうたってきました。
一年に一度という公演は少ないようで
なかなか厳しいです。
主催の私としては、やっと…というところです。
時間的にも資金的にも能力的にも。

そして今回の「あけみママ」
作り手の自分としては青息吐息
やっとこさ間に合わせた…
そんな芝居でした。

着想の時点ではまったくといっていいほど
自信がありませんでした。
いかにオチの部分をごまかすか…
ここが勝負でした。
そのためには前半を多彩に遊び
中盤をもたせてしのぐ!
そこまでごまかしてあとは野となれ山となれ!
そんな思いでしたねー。

そこはペブル・グラベルの役者陣、
信頼を置いているメンバーです。
あふれる個性でしのいでくれましたねー
未熟な台本はメンバー全員の総力によって
いっぱしの作品に押し上げてもらったと思います。

演出の立場でみて完璧という回は
前回同様、二回だけでした。
この回は残念すぎる…という回も二回。
それだけ役者のメンタルの部分で
芝居の出来は左右されます。
同じ演目をみても、
最高という回と残念という回をみた
観客の感想はまったく違うものになると思います。
全ての回で満点を出せないところが
課題であると思いますが、
芝居をやる面白さでもあると思います。
次こそは!次こそは!
と燃えていきたいところです。

「あけみママ」公演の振り返りは
舞台写真とともに後日あげようと思います。

とりあえずは無事終演、
ペブル・グラベルはまたしばらく休眠となります。
主催の私が次の台本を仕上げない限り
ずっとお休みです。

しかし、私、
ネタはありませんがやる気だけはありますので、
なんとかまた来年お会いできるのではないかと…

来年も楽しみにしていますというお言葉を
いっぱいいただきました。
それを糧に、燃料に、
今日からまた走っていきたいと思います。
止まってはいられませんね。


つづく…






テーマ : 演劇・劇団    ジャンル : 学問・文化・芸術


Category: 第四回公演【終演しました】 > 「あけみママを待ちながら」  

最新公演情報

※公演は終了いたしました。ご来場いただきました皆様、
本当にありがとうございました。

ぺブル・グラベル第4回公演
あけみママを待ちながら

一年がかりで一作品、
「心に引っかかるオリジナル大衆劇」
を上演するペブル・グラベル、
真夏にお届けする第四弾、
ぺブル風味満載の群像劇!

【日程】
2014年7月31日(木)~8月4日(月)



【物語】
あけみママのいなくなった「スナックあけみ」
あけみママいないと静かです
置手紙残してあけみママ
消えたあの日は雨でした…
さみしさまぎらすカラオケ響く
あけみママを待ちながら…

【出演】
村田望
池田英恵
桂ゆめ〈劇団俳優座〉
川西孝明
山田亮〈集団as if~〉
能勢拓弥
山城秀之
ヤスエワタル
蓮根わたる
樟葉 /  寿々翠

【作・演出】 川西孝明
【舞台美術】 遠藤智林
【音響】 福西理佳
【照明】 佐瀬三恵子
【イラスト】 灯さかす
【スタッフ】山田陽平 江副さやか
【衣装】野田貴子
【撮影】内田斉一郎
【スチール撮影】井内友理恵
【主題歌】「レコード」
 作詞・作曲・編曲 なべやまひでき / 歌 深緑
【制作】 ペブル・グラベル
【協賛】 株式会社クリニカルリサーチ24

【会場】
ワーサルシアター (京王線八幡山駅徒歩1分)
↓こちらクリックで地図が出ます
http://worsal.com/theater/access.html

【開演日時】
7月31日(木)〈A〉19:00
8月 1日(金)〈A〉14:00 / 〈B〉19:00 
8月 2日(土)〈B〉14:00 / 〈B〉19:00
8月 3日(日)〈A〉13:00 / 〈A〉18:00
8月 4日(月)〈B〉13:00

※当初出演を予定しておりました英樹里が
体調不良により降板となりました。
代役を寿々翠、樟葉のダブルキャストで演じます。
寿々翠の出演回が〈A〉
樟葉の出演回が〈B〉となります。

【チケット料金】
前売2800円、当日3000円、平日昼割2500円(8/1・14時~、8/4・13時~)

☆前回公演のパンフレット持参で
記念品をプレゼントいたします!

※ぺブル・グラベル公式ブログ http://pebblegravel.blog.fc2.com/ 
 にて追加情報随時掲載いたします。

竭、繝壹ヶ繝ォ繧ー繝ゥ繝吶Ν邨オ莉論convert_20120119104244


SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
劇団ぺブルのおしらせ
- Information -

劇団ぺブル
(ペブル・グラベル)
第五回公演
『竹蔵さんのおくりもの』

前売りチケット絶賛発売中です!




-- E N D --
.
.
劇団ぺブル

主催の川西

ブログの書き手:主催の川西
劇団ぺブル
(ペブル・グラベル)は
一年一作
「心にひっかかるオリジナル大衆劇」
をお届けする劇団です!

★次回公演カウントダウン★
★ご訪問いただきましてありがとうございます★
☆劇団ぺブル☆
竭・繝壹ヶ繝ォ繧ー繝ゥ繝吶Ν_convert_20120119104058
☆当劇団へのお問い合わせ☆
コメント、お問い合わせ等、お気軽に!

【E‐mail】
pebble.gravel@gmail.com

【Twitter】
ペブル・グラベルで検索!
(@pebblegravel)

【TEL】
080‐1646‐2063 (制作)

※下記メールフォームに
入力いただいても送信できます。
 
※記事の下部にある
「本文」をクリックすると
コメントを書くこともできます。

☆メールフォーム☆

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。