Archive  RSS  Login

劇団ぺブル(ぺブル・グラベル) 公式ブログ

ペブルは小石。グラベルはもっと小さな小石。足をとめて観てください。小石たちのお芝居を!「心にひっかかるオリジナル大衆劇」を年に一度お届けします!


 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: 主催のひとりごと > 私なりの余談  

第182話 いつまでもあると思うな散髪屋

暑い…と、へばっているうちにはや立秋、
暦は秋にはいりましたが、まだまだ暑さ全開です。

髪の毛も伸び伸びで、暑苦しさ倍増。
髪を切れば、ちょっとは涼しくなるだろうことは、
容易に想像がつきますが、

昔からどうも散髪に行くのは面倒なことこの上なく、
かなり髪の毛伸びても、
もう限界だろうか?いや、もう少し大丈夫ではなかろうか?
と、できるかぎり結論を先送りするのが慣例となっております。

しかし、ある筋から、
「いいかげん切ってきてください」と陳情を受けましたので、
やむを得ず散髪を決断、決死の覚悟で散髪屋へ向かいました。

こと散髪屋に関しては開拓精神のかけらもなく、
一度、ここと決めたら他の店を探そうと全く思いません。
髪を短くすることができ、なおかつ料金が安い、
その厳しい?条件をクリアした散髪屋に通い続けています。

十数店舗が軒を連ねる、
我が港町が誇る大型ショッピングモール、天満屋、
どの店も連日閑古鳥が鳴く盛況ぶりです。
その一角を占める、私常連の散髪屋。
人気のお店でして、閑古鳥が列をなし、
いつ行っても待ち時間なしで切ってもらえます。

その店を切り盛りするのが、
カリスマ理髪師のおじいちゃん。
とても腕がいいです。

この店には、外人のモデルさんが写っている、
ヘアースタイルカタログが備えつけてあります。

口でうまく理想の髪型を伝えられた試しがない私、
そうか、この店はこのカタログの写真どうりに切ってくれるのか!
と、喜び勇んで、カタログにあった外人さんの写真を一つ指し、
この髪型でお願いしますとオーダーしたところ、
その写真の髪型とは似ても似つかない、
前髪ぱっつんヘアーにして頂いた良い思い出があります。

ある筋から「もうその店行かないで」と陳情を受けましたが、
意地でも店を変える気はありません。

それ以来、この店での髪型オーダーのこつを研究し、
今では、全体的に1㎝くらい切ってくださいとオーダーしてます。
どうしても2cm以上切ってもらう勇気が出ません。

さて、この店の大きな特徴がもう一点、
カリスマ理髪師のおじいちゃん、
そのアシスタントさんも、おじいちゃんであることです。

アシスタントのおじいちゃんは、
顔剃りと洗髪担当です。
カミソリで顔剃り中、

「銀や銅は多いんだけどねぇ」

口元を顔剃りされてますので、
私、あまりしゃべれない状態のナイスなタイミングで、
前置きもなく話しかけてくれます。
おそらく、オリンピックのメダルの話だろうと推測しました。
なにぶん、前置きがありません。

「金はなかなか取れないですけど、今回は数は多いですよね」
と応えますと、はっはっは、と流されました。

私、顔を洗面台に伏せ、
シャワーで泡を流して頂いている最中でも、
「サッカーもね、強くなったよねぇ」

流れてくる泡を食いそうになりつつ、私、
「そうですよね、男子も意外に頑張ってますよね」
と応えますと、やはり、はっはっは、と流されました。

今回のアシスタントおじいちゃんとの楽しい会話は、
この二回でした。
話しかけてくるタイミングがいつもながら絶妙でした。

さて、私、なぜかお気にいりのこの散髪屋、
何の不満もないのですが、唯一お願いしたいことがあります。

頼みますから、続けてください。
このベストメンバーでの営業、
あと何年継続できるのか私には予想不可能なことですが、

がんばってください。ただただお願いいたします。


つづく…












スポンサーサイト

テーマ : 演劇・劇団    ジャンル : 学問・文化・芸術


劇団ぺブルのおしらせ
- Information -

劇団ぺブル
(ペブル・グラベル)
第五回公演
『竹蔵さんのおくりもの』

前売りチケット絶賛発売中です!




-- E N D --
.
.
劇団ぺブル

主催の川西

ブログの書き手:主催の川西
劇団ぺブル
(ペブル・グラベル)は
一年一作
「心にひっかかるオリジナル大衆劇」
をお届けする劇団です!

★次回公演カウントダウン★
★ご訪問いただきましてありがとうございます★
☆劇団ぺブル☆
竭・繝壹ヶ繝ォ繧ー繝ゥ繝吶Ν_convert_20120119104058
☆当劇団へのお問い合わせ☆
コメント、お問い合わせ等、お気軽に!

【E‐mail】
pebble.gravel@gmail.com

【Twitter】
ペブル・グラベルで検索!
(@pebblegravel)

【TEL】
080‐1646‐2063 (制作)

※下記メールフォームに
入力いただいても送信できます。
 
※記事の下部にある
「本文」をクリックすると
コメントを書くこともできます。

☆メールフォーム☆

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。