Archive  RSS  Login

劇団ぺブル(ぺブル・グラベル) 公式ブログ

ペブルは小石。グラベルはもっと小さな小石。足をとめて観てください。小石たちのお芝居を!「心にひっかかるオリジナル大衆劇」を年に一度お届けします!


 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: 第二回公演【終演しました】 > 遠吠岬のできるまで  

第108話 冷めた目線

芝居の演出をやらせて頂いておりますが、

自分のつたない演出能力において、
唯一、自信があるとすれば、観客の目線で観る能力だと、
思い込んでます。

若者だけにしか受けないとか、
年配の方々にはドンピシャだけど…というように、
ターゲットを絞りきったものでなく、
なんとか、5歳前後?から90歳前後?までの、
幅広い世代の観客の目に、ぎりぎりでも耐えうるものを創るのが理想です。

そういう意識の中で、稽古を観客目線で見るのですが、
自信があるとはいえ、仲間という情が働きますから、
稽古で観る目は、あたたかい目線になりがちです。
出演者の家族が観に来た時のような、3割り増しのあたたかい目線。

そこで、映像が役立ちます。
稽古の様子を、デジタルビデオカメラで撮影し、
家に帰って、見るのですが、
臨場感がなくなり、実際見たときよりも3割り減に感じます。
稽古中、大笑いしたところが、映像で見るとピクリとも笑えなかったり…

これが、冷めた目線に近いのかなと思うのです。
観客の中には、必ず、冷めた目が存在します。
この冷めた目にも、なんとか最後まで楽しんで頂きたい。
欲張りでしょうか?

昨日は、ぺブル・グラベル第7回目の稽古でした。
映像で前回稽古を総点検して望み、
前半部を中心に繰り返しの稽古、
つとに冷めた目線で見ることを心がけましたが…

3割り減の目で見ても、
やっぱり面白いように思います。
はい、いいものできてきてますよ~
たぶん。

そういえば自分、開き直る能力にも自信があります。


つづく…
スポンサーサイト

テーマ : 演劇・劇団    ジャンル : 学問・文化・芸術


Comments

Leave a Comment

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
劇団ぺブルのおしらせ
- Information -

劇団ぺブル
(ペブル・グラベル)
第五回公演
『竹蔵さんのおくりもの』

前売りチケット絶賛発売中です!




-- E N D --
.
.
劇団ぺブル

主催の川西

ブログの書き手:主催の川西
劇団ぺブル
(ペブル・グラベル)は
一年一作
「心にひっかかるオリジナル大衆劇」
をお届けする劇団です!

★次回公演カウントダウン★
★ご訪問いただきましてありがとうございます★
☆劇団ぺブル☆
竭・繝壹ヶ繝ォ繧ー繝ゥ繝吶Ν_convert_20120119104058
☆当劇団へのお問い合わせ☆
コメント、お問い合わせ等、お気軽に!

【E‐mail】
pebble.gravel@gmail.com

【Twitter】
ペブル・グラベルで検索!
(@pebblegravel)

【TEL】
080‐1646‐2063 (制作)

※下記メールフォームに
入力いただいても送信できます。
 
※記事の下部にある
「本文」をクリックすると
コメントを書くこともできます。

☆メールフォーム☆

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。