Archive  RSS  Login

劇団ぺブル(ぺブル・グラベル) 公式ブログ

ペブルは小石。グラベルはもっと小さな小石。足をとめて観てください。小石たちのお芝居を!「心にひっかかるオリジナル大衆劇」を年に一度お届けします!


 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: 主催のひとりごと > 芝居のお話  

第11話 パターンの安心感 その1

事件は、とある関西の町の商店街を奥様とぶらぶら歩いていた時に起きました。

おいしそう、と私たちが、店先で売っていたタコの煮物に目をとめた次の瞬間、
「にいちゃん、ねえちゃん、これ食べてみぃ」
おっちゃんが試食用のつまようじに刺したタコをさしだします、
うまい、おいしい、口々に言った次の瞬間、
「ほな、これいこか」
おっちゃん、袋にタコの煮物を詰めだします、
「もう2千円でええわ」
「おおきに!」

このやりとり、わずか20秒足らず。
私たちは、秒殺でタコの煮物を買わされたのでした。
恐るべし関西人と、心に刻みつけられた事件でした。

そこには、岡山という中国地方の、いまいち個性に欠ける県民が太刀打ちできるほど
甘いものではない、関西人気質の典型がありました。

「おっちゃん、高いわ、負けてぇな」
「あほいうたらあかんで、これ以上負けたら首くくらなしゃぁないわ」
「くくったらええやん」
「ええわ、1800円でこらえてくれ」

おそらく手の内を知りつくした同じ関西人同士なら、こんなやりとりがあるのでしょうか。
もっとレベルが高いはず。
日常茶飯事に、ウィットに富んだやり取りを積み重ねている関西人に、
はなから勝てるわけがないのです。
私たちは、訓練も積まぬまま戦場に送り出された兵士のようなものでした。

苦笑い、その後、二人で爆笑。
なんともはや、2千円が高いのか、安いのか?
それよりも、あのおっちゃんの、圧倒的なスピード感、愛嬌、人間味、老練さ、

このエピソードは、死ぬまで忘れますまい。
2千円でタコの煮物と思い出を買ったと思えば、安いものだったかな?

さて、この関西人気質、源は?

その2につづく…

スポンサーサイト


Comments

私は九州人でーす
Re:
九州人でも、あの人たちには立ち向かえないわけで…
立ち向かえるかーい瞬殺やったも〜ん
BY博多美人

Leave a Comment

劇団ぺブルのおしらせ
- Information -

劇団ぺブル
(ペブル・グラベル)
第五回公演
『竹蔵さんのおくりもの』

前売りチケット絶賛発売中です!




-- E N D --
.
.
劇団ぺブル

主催の川西

ブログの書き手:主催の川西
劇団ぺブル
(ペブル・グラベル)は
一年一作
「心にひっかかるオリジナル大衆劇」
をお届けする劇団です!

★次回公演カウントダウン★
★ご訪問いただきましてありがとうございます★
☆劇団ぺブル☆
竭・繝壹ヶ繝ォ繧ー繝ゥ繝吶Ν_convert_20120119104058
☆当劇団へのお問い合わせ☆
コメント、お問い合わせ等、お気軽に!

【E‐mail】
pebble.gravel@gmail.com

【Twitter】
ペブル・グラベルで検索!
(@pebblegravel)

【TEL】
080‐1646‐2063 (制作)

※下記メールフォームに
入力いただいても送信できます。
 
※記事の下部にある
「本文」をクリックすると
コメントを書くこともできます。

☆メールフォーム☆

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。