Archive  RSS  Login

劇団ぺブル(ぺブル・グラベル) 公式ブログ

ペブルは小石。グラベルはもっと小さな小石。足をとめて観てください。小石たちのお芝居を!「心にひっかかるオリジナル大衆劇」を年に一度お届けします!


 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: 第二回公演【終演しました】 > 遠吠岬出演者紹介  

第129話 遠吠岬出演者紹介③山城さん

ペブル・グラベル第二回公演
「遠吠岬は夕曇り」出演者紹介、
3回目は、役者陣最年長のこの方です。

主人公七海のおじいちゃん、
島本市松を演じて頂きます、
「山城秀之」さん、やましろさんです。

今回の遠吠岬のキャスティングで、
一番難航したのが、この市松役でした。

おじいちゃんを出してはみたものの、
さて誰にお願いしよう…
自分を含め30代の役者が
60歳前後の役で登場するので、
市松は、さらにその上をいく役ですから、
説得力が必要ですし、
本当のおじいちゃん役者さんでは、
バランスが崩れます。

人脈の広い蓮根さんも、
さすがにこの役をできる役者さんは心あたりが…
ということでして、
私、どうしたものか、頭を悩ませました。
この役が決まらない限り、スタートできない…

そこに天啓のように浮かんだのが、
山城さんでした。

私は、以前、新横浜ラーメン博物館で、
アルバイトをしてたことがあります。

そこでは、昭和30年代の街並みを再現し、
その当時にいそうな人物になりきり、
駄菓子やアイスを売ったり、
型抜きやベーゴマなど懐かしの遊びを
客に楽しんでもらったり、
服装からメークから言動から、
本当に昭和の人々になりきるという仕事でしたので、
役者をやってるスタッフが多かったのです。

自分も、役者の勉強にもなりそうだし、
と思い働きはじめました。
そこでの先輩のお一人が山城さんだったのです。

ラーメン博物館でもその名人芸をみることができますが、
山城さんは、似顔絵描き、紙芝居屋、
さらに、映画の活弁士といくつもの顔をもつ、
昭和の伝道師です。
山城さんに限っては、ほめ言葉かと思いますが、
もう、見るからに昭和を感じるたたずまい。

ラーメン博物館をやめて幾久しいですし、
果たして山城さん、どうしてるかな…
芝居に参加してもらえるかな?
ダメ元で連絡いたしました。

快諾して頂いた時は、うれしかったですね~
ようやくスタートが切れると、
ほっと一息。

正直申しますと、稽古当初は、
自分の市松という役のイメージと、
山城さんの演技にギャップを感じていたんですが…

山城さんには、自分の思いもよらぬ方向から
この市松のイメージを作り上げて頂きまして、
いまや完全に、当初の市松像を凌駕してます。
いくつかのシーンが、
自分のツボにはまって仕方がありません(笑)

主人公七海の心のよりどころ、
山城さん演じる市松おじいちゃんで、
どうぞ癒されて?くださいませ。


つづく…
スポンサーサイト

テーマ : 演劇・劇団    ジャンル : 学問・文化・芸術


Comments

Leave a Comment

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
劇団ぺブルのおしらせ
- Information -

劇団ぺブル
(ペブル・グラベル)
第五回公演
『竹蔵さんのおくりもの』

前売りチケット絶賛発売中です!




-- E N D --
.
.
劇団ぺブル

主催の川西

ブログの書き手:主催の川西
劇団ぺブル
(ペブル・グラベル)は
一年一作
「心にひっかかるオリジナル大衆劇」
をお届けする劇団です!

★次回公演カウントダウン★
★ご訪問いただきましてありがとうございます★
☆劇団ぺブル☆
竭・繝壹ヶ繝ォ繧ー繝ゥ繝吶Ν_convert_20120119104058
☆当劇団へのお問い合わせ☆
コメント、お問い合わせ等、お気軽に!

【E‐mail】
pebble.gravel@gmail.com

【Twitter】
ペブル・グラベルで検索!
(@pebblegravel)

【TEL】
080‐1646‐2063 (制作)

※下記メールフォームに
入力いただいても送信できます。
 
※記事の下部にある
「本文」をクリックすると
コメントを書くこともできます。

☆メールフォーム☆

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。