Archive  RSS  Login

劇団ぺブル(ぺブル・グラベル) 公式ブログ

ペブルは小石。グラベルはもっと小さな小石。足をとめて観てください。小石たちのお芝居を!「心にひっかかるオリジナル大衆劇」を年に一度お届けします!


 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: 第二回公演【終演しました】 > 遠吠岬後記  

第152話 遠吠岬後記【3】いよいよ開演

3月30日(土)公演初日の朝、良いお天気。

8時ちょっと前に、仮住まいより出発。
一週間近く東京に滞在しなければなりませんから、
パンダ柄(猫)と黒いひと(猫)を岡山に残していくのも心配だったので、
劇場近くの中落合にあったペット可のウィークリーマンションを、
奥様が手配してくれましたので、
一家で移り住みました。
ここが公演中の仮住まいです。

その部屋の布団が温もらないこと…寒っ!と目覚めたら、
風邪をひいたようです。
まぁ、老け役なので、風邪で声枯れた方がいいんじゃね?
と前向きにとらえつつ、劇場までの道のりを奥様と歩きました。

ちょっと早く着いたのですが、もう小屋は開いてました。
入ると、遠藤くんがすでに作業を始めています。

昨日、完成させることができなかった、両開き幕、
果たして間に合うか…遠藤くんにすべてがかかっております!

さて、続々と役者陣、スタッフも集結、
さやかとやまあいさんは、受付や当日パンフレットの準備、
役者陣みんなで客席の整理、楽屋の整理、舞台準備をすすめつつ、

自分はオペ室ののんさんと昨日のゲネで気になった、音響の音量チェックを。
音響・照明を操作する客席後ろにあるオペ室と、客席では、
聞こえる音の大きさに違いがでるため、
事前に音量チェックは欠かせません。

さて、そうこうしてるうちに、
遠藤くん苦心の、両開き幕が完成しました。
昨夜、蓮根さんと能勢くんが調達してきてくれました新たな材を用い、
なんとか遠藤くんが仕上げてくれました。
良かった~間に合いました~

よし、昨日できなかった、後半部のゲネ、スタート。
前半部はコミカル、後半部はシリアスなシーンが続きます。
問題はなく、ゲネは終了しました。

しかし、前半部、後半部と二日に分けてゲネをしたため、
全体通して稽古をできなかったので、
一抹の不安が残ります。いや、三抹くらい不安ですね。
芝居は大丈夫だろうけど、転換等でミスが出やしないか…

本番まで時間があまりないのですが、
前半部のおさらい的な稽古をやることにしました。

何事も出だしが肝心、転換のおさらいもさることながら、
この芝居、出だしでリズムが作れないと、テンポが悪くなり、
全体的に面白みがなくなってしまうところがあります。
稽古でそれを痛感していたため、
出だしのテンポ、出だしのテンポと、
役者陣にはそればかり言ってきました。

残り時間も少ないので、早回し稽古でオープニングから、
出だしの4シーンのみ流すことにしました。

早回し稽古は、1.5倍から2倍速の気持ちで役者に演じてもらう稽古で、
小気味いいテンポを意識するのに効果的です。
芝居が出来上がった、本番直前にやると
テンションもあがりますし、滑舌もよくなりますし、
役者が気づかない無駄に長い間を縮める効果もあります。

とりあえず、開演前にできることはやりました。

さぁ、受付が始まりますので、
その前に、全員集合、
開演前ですから、ついにメインイベントが始まりますから、
間もなく戦いのゴングが鳴り響くわけですから、
主催の私が、訓示を述べ、気合いを皆に注入しろ!
的な空気になってまいりました。
みんなの熱い視線をひしひしと感じます。

はい、こういうの大の苦手なので、
「それでは皆さん、各自調整!」
しか言いません。なんたる主催でしょうか(笑)
まぁ、樹里さんとか歯磨きしながら聞いてますし、
こんなんで十分でしょう。

各自調整の図。

各々発声したり、談笑したり、瞑想したり、ウロウロしたり…
樹里さん、まだ歯磨いてますね(笑)

開演30分前、続々とお客様が入ってまいります。

小屋入りして気づいたことには、このあくとれ、
下手客席、暗幕を隔ててすぐ役者陣の楽屋となっていますので、
小さな物音、話し声でも、客席に聞こえてしまいます。
ほんと、足音や着替えのわずかな衣擦れの音でさえ、聞こえてしまうので、
お客様入場後は、楽屋裏で話すことすらままなりません。

各自黙して集中力を高めます。

その中、役者陣でも蓮根さんと、能勢くんには、
スタッフとして場内整理をお願いしました。

受付が二人だけなので、手がまわらないこともあり、
お二人にもお願いしたのですが、
蓮根さんに関しては、意図がありました。

蓮根さんの演じる松谷恭平という役は、
警備員の仕事をしている設定なので、
警備員の格好で場内整理をすることに違和感が少なく、
職業、警備員ということを印象づけられるため、
あえてお願いしました。前説まで。

出演する役者が、あまりやる仕事ではなく、
賛否あるかもしれませんが、
ここは、実験的演出として。

受付と、楽屋裏との橋渡し役としても、
警備員の蓮根さんには孤軍奮闘していただきました。

さて、開演時間、蓮根さんの前説が始まります。

いよいよ、遠吠岬の幕が開きます!


つづく…
スポンサーサイト

テーマ : 演劇・劇団    ジャンル : 学問・文化・芸術


Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【第152話 遠吠岬後記【3】いよいよ開演】
3月30日(土)公演初日の朝、良いお天気。8時ちょっと前に、仮住まいより出発。一週間近く東京に滞在しなければなりませんから、パンダ柄(猫)と黒いひと(猫)を岡山に残していくのも心配

Comments

お疲れ様です!!

アンケートに書かせて頂きましたが、2時間あっという間で面白く拝見しました☆☆奥様、のんさん、能勢さん水野さんとも久々にお会いできて、ほっこりして、楽しかったです!

公演後に、ななみさんと川西さんて「地味系の服が好きなんですかね(笑)」とか色々お話しました♪次の5時間!?のお芝居にはどんな子が出るのかとても楽しみです(*^^*)

地元で芝居する方はいらっしゃいますが、部屋借りて東京で…なんて大がかりにされているのはちょっと珍しいような気がしています☆
ななみさんにも、働いててもできるよ!と励まして頂いたので私も頑張ります!

川西さん、奥様もお体にお気を付けて、また来年楽しいお芝居見せてください☆





里奈ちゃんへ
コメントありがとう。

新旧主演でお話したんですねぇ。
地味な服が好きっていうか、衣装にはあまりこだわりがなかったりします…
自分にファッションセンスの概念がないので…毎日作業着ですし(笑)
「来世の森」と同じく二時間近くになったけど、あっという間でした?よかった☆
能勢くんの演技も初めて観たでしょう?味があるんですよ。
ななみさんも、ななみさんのお母さんの早苗さんも、自分も、
働いてても芝居できてますんで、好きという気持ちがあれば続けられますよ。
里奈ちゃんもまずは就活がんばって。
応援しておりますよ。

Leave a Comment

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
劇団ぺブルのおしらせ
- Information -

劇団ぺブル
(ペブル・グラベル)
第五回公演
『竹蔵さんのおくりもの』

前売りチケット絶賛発売中です!




-- E N D --
.
.
劇団ぺブル

主催の川西

ブログの書き手:主催の川西
劇団ぺブル
(ペブル・グラベル)は
一年一作
「心にひっかかるオリジナル大衆劇」
をお届けする劇団です!

★次回公演カウントダウン★
★ご訪問いただきましてありがとうございます★
☆劇団ぺブル☆
竭・繝壹ヶ繝ォ繧ー繝ゥ繝吶Ν_convert_20120119104058
☆当劇団へのお問い合わせ☆
コメント、お問い合わせ等、お気軽に!

【E‐mail】
pebble.gravel@gmail.com

【Twitter】
ペブル・グラベルで検索!
(@pebblegravel)

【TEL】
080‐1646‐2063 (制作)

※下記メールフォームに
入力いただいても送信できます。
 
※記事の下部にある
「本文」をクリックすると
コメントを書くこともできます。

☆メールフォーム☆

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。