Archive  RSS  Login

劇団ぺブル(ぺブル・グラベル) 公式ブログ

ペブルは小石。グラベルはもっと小さな小石。足をとめて観てください。小石たちのお芝居を!「心にひっかかるオリジナル大衆劇」を年に一度お届けします!


 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: 第二回公演【終演しました】 > 遠吠岬後記  

第156話 遠吠岬後記【6】初日無事終了

3月30日(金)夜の回の開演です。

それでは、前半シーンの振り返り、Part2とまいりましょう。

幕が開きますと、定食屋、
お客様としては、ここで定食屋のセットがはじめて目に入ってくるので、
おぉっ!と思ったかもしれません。
幕を小劇場で使うのは珍しいかもしれませんが、
大衆劇っぽい効果と、なにしろ演出が古いので、
幕は必要だろ…みたいな既成概念にとらわれてるだけって説もありますが、
ともかくも、美術の遠藤くんが予想をはるかに超えた、
どこに出しても恥ずかしくないセットを作ってくれましたので、
幕で隠す効果が表れたと思います。

松谷(蓮根さん)と樅野崎(亮くん)の野球談議からスタートです。
亮くんの役名、アンケートでもほとんど覚えられてませんでしたが、
樅野崎(もみのざき)といいます。はい、覚える必要は全くありません。

亮くん、実は野球のことほとんど知らないらしいです。
樅野崎は野球経験0なので、そこは口だけ野郎としてぴったりでした。
デストランス!

亮くんが、アムロのモノマネをしてたのを見ていたので、
それなら、星飛雄馬も当然いけるだろう(笑)と台本に書かせてもらいました。
台本書いた時点で、樅野崎は亮くんにしかできない役になってましたね。
亮くんに出演断られてたら、どうしていたのでしょう…

さて、定食屋しまもとの出戻りの居候、久乃(倖代さん)が帰ってきて、
市松(山城さん)七海(英恵さん)と、しまもとファミリー勢ぞろい。

あ、今、気づきましたが、倖代さん、柄の面白いこんな衣装着てたんですね。
へ~ 衣装に無関心にもほどがあるな…私…
あ、倖代さん、実は飲めないんですよね。
おいしそうに、ノンアルコールビールをがんばって飲んでましたけど。

あ、お気づきになりました?
ノンアルコールビールの瓶ラベルを貼り替え、
「ハイパードライ」なるビールになっていたことを!
よっしーががんばってラベル作ってくれました。
よっしーの苦労の割には、
ほとんど誰も気づいてなかったのではないでしょうか(笑)


お迎えくるまで、がんばろうね、おじいちゃん!ハハハハ!


はい、あしながおじさんから届いたクロエのバッグを手に、
ひょえ~高いよ~これ、の久乃。

ブランドについてはうちの奥様に聞きました。
自分は、アルマーニとグッチと寅壱くらいしか知りません。
最近、guを覚えました。
クロエ、奥様のをお借りしましたが、いつ買ったんでしょうか?
高いらしいじゃないですか…?

はい、久乃が店に潮境(よっしー)を連れてきました。
いきなりイカフライの注文をカキフライと聞き間違える市松、
違うよ、イカフライだよ!と詰め寄る七海。

山城さんの役作りとしては、
市松は実はカキフライとさば味噌しか作れないらしいです(笑)
他のメニューは七海まかせ…

はい、潮境の見せ場、松戸のくだり。
松戸!松戸か~行ってみたいな~

このくだり、松戸か田無が候補地にあがりましたが、
僅差で松戸が選ばれました。
松戸の名産について調べましたら、
いまいちネット検索でも盛り上がっていませんで…
ネギとしましたが、アンケートでは白玉粉もあるよ、
と書いてくださった方がいました。
響きとしては、白玉粉も面白かったですね(笑)

はい、潮境の元に謎の電話が…
んでば?なっからすて?

それにしても、稽古終盤まで苦労してたのに、
よっしー台詞嚙まなかったですね。
つまらん…ほんっとに、大舞台に弱い男です(笑)

はい、七海と松谷、二人っきりの夜~
照れ隠しのタヌキ贈呈。


からの、松谷さんはこっちです…


からの、松谷さんはこっちですが、なにか…

お子様に大人気だったタヌキのシーンです。
タヌキはちょうど手ごろなサイズのものが、
うちの実家の玄関に住みついてましたので、
岡山からはるばる移送してまいりました。

はい、振り返り、続きは次回以降で。

金曜夜の回は、二回目ということもあり、
皆に落ち着きがあり、初回にくらべ、ギアチェンジできたかと。
納得のいく公演をお観せできたと思います。

公演後、定食屋セットの中をお客様が楽しげに見てくださるのも、
それをちょっとうれしそうに手がけた遠藤くんが遠目に見ているのも、
なんだか、いい公演だなぁと、主催として感じました。

若者だらけの劇団であれば、初日乾杯!と皆で繰り出すのでしょうが、
しっとりとしたメンバーの集まるペブル・グラベル、
それでは解散、明日に備えましょう、となります。
ぼかぁ風邪気味で、とりあえず体力温存優先で…やはり帰路につきます。

そうなんです、体力温存しなければならんのです。
次の日、二日目は大きな試練が待っていたからです。


つづく…
スポンサーサイト

テーマ : 演劇・劇団    ジャンル : 学問・文化・芸術


Comments

Leave a Comment

劇団ぺブルのおしらせ
- Information -

劇団ぺブル
(ペブル・グラベル)
第五回公演
『竹蔵さんのおくりもの』

前売りチケット絶賛発売中です!




-- E N D --
.
.
劇団ぺブル

主催の川西

ブログの書き手:主催の川西
劇団ぺブル
(ペブル・グラベル)は
一年一作
「心にひっかかるオリジナル大衆劇」
をお届けする劇団です!

★次回公演カウントダウン★
★ご訪問いただきましてありがとうございます★
☆劇団ぺブル☆
竭・繝壹ヶ繝ォ繧ー繝ゥ繝吶Ν_convert_20120119104058
☆当劇団へのお問い合わせ☆
コメント、お問い合わせ等、お気軽に!

【E‐mail】
pebble.gravel@gmail.com

【Twitter】
ペブル・グラベルで検索!
(@pebblegravel)

【TEL】
080‐1646‐2063 (制作)

※下記メールフォームに
入力いただいても送信できます。
 
※記事の下部にある
「本文」をクリックすると
コメントを書くこともできます。

☆メールフォーム☆

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。