Archive  RSS  Login

劇団ぺブル(ぺブル・グラベル) 公式ブログ

ペブルは小石。グラベルはもっと小さな小石。足をとめて観てください。小石たちのお芝居を!「心にひっかかるオリジナル大衆劇」を年に一度お届けします!


 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: 主催のひとりごと > 芝居のお話  

第15話 冷静と興奮の間

夜書いたラブレターは、朝必ず見直せ

と、格言があったような?

これは、経験上(笑)本当にその通りで、
特に夜、集中して書き出すと、頭が興奮してきて、
情熱たっぷりの文章ができあがる。
それを、朝読むと、身の毛のよだつ恥ずかしさが待っている。

決して書いた勢いで、そのまま投函してはいけない。

肝に銘じています。
文章においては、推敲ということですね。
映像においては、編集作業でしょう。
改善に次ぐ、改善。物づくりの現場では大事なことだと。

勢いで書き上げた台本も、必ず不備があるはず。
推敲、推敲、
物足りない…書き加え、
長すぎ…削る、修正、
面白くない…致命的?
行ったり来たりで、ようやく自分からOKをもらう。
そして、第三者のフィルターにかけてもらう。

役者陣に演じてもらう。
ここでのフィルターが重要であると思います。
この台詞、この役者さんに合わないな…やりにくそうだな…変えよう、
というところもありますが、
あれ?この台詞の理解が違うんだけど、逆に面白いな?…変えよう、
なんて、プラスな発見の方が多かったり。

逆に、面白い!その方が面白い!
と、役者さんに演じてもらって新たに発見した部分にも、
フィルターをかけねばなりません。
昨日、面白かったけど、果たして、これは、内輪うけではないのか?
何度もの使用に耐えうるものか?

さらに、フィルターにかけず、その勢いでそのまま行った方が、
斬新でよいのではないか?
などと、フィルターにフィルターをかけてみたり。

興奮からうまれたものを、冷静に分析する、
最終的には、芝居でいえば、演出にその任が問われます。
面白くなければ、全ては演出の責任。
とっても、荷が重い…けど、刺激的。

明日につづく…


スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
劇団ぺブルのおしらせ
- Information -

劇団ぺブル
(ペブル・グラベル)
第五回公演
『竹蔵さんのおくりもの』

前売りチケット絶賛発売中です!




-- E N D --
.
.
劇団ぺブル

主催の川西

ブログの書き手:主催の川西
劇団ぺブル
(ペブル・グラベル)は
一年一作
「心にひっかかるオリジナル大衆劇」
をお届けする劇団です!

★次回公演カウントダウン★
★ご訪問いただきましてありがとうございます★
☆劇団ぺブル☆
竭・繝壹ヶ繝ォ繧ー繝ゥ繝吶Ν_convert_20120119104058
☆当劇団へのお問い合わせ☆
コメント、お問い合わせ等、お気軽に!

【E‐mail】
pebble.gravel@gmail.com

【Twitter】
ペブル・グラベルで検索!
(@pebblegravel)

【TEL】
080‐1646‐2063 (制作)

※下記メールフォームに
入力いただいても送信できます。
 
※記事の下部にある
「本文」をクリックすると
コメントを書くこともできます。

☆メールフォーム☆

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。