Archive  RSS  Login

劇団ぺブル(ぺブル・グラベル) 公式ブログ

ペブルは小石。グラベルはもっと小さな小石。足をとめて観てください。小石たちのお芝居を!「心にひっかかるオリジナル大衆劇」を年に一度お届けします!


 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: 主催のひとりごと > 私なりの余談  

第167話 イライラする街、京都

日本一、いらいらする街を一つ挙げるならば、
私にとってそれは京都です。

休日に、小学校の修学旅行以来となる
京都観光に行ってまいりましたが、
やはり、いらつきました。
予想以上にいらつきました。
大人になってからの方がいらつきます。

なんてったって、落ち着かないのです。
京都という街は油断も隙もないのです。

あまりにも、観光スポットが多すぎるのです。
本当にいい加減にしていただきたい。

車で京都の市街に入りますと、
いきなり洗礼を浴びました。

パッと左手になにやらでかい、
いかにもなたたずまいの建造物が現れる。

何?何?あれ?ただものじゃない雰囲気だぞ、おい、
看板発見!東寺?
聞いたことは…ない、
いやでもあれは…ただものではない…

奥様!助手席の奥様!
おい、東寺ですってよ、おい!
絶対、すごいよ、あの寺、調べて調べて!

助手席の奥様が携帯で、東寺を調べます。
はい、東寺…世界遺産でした。

勘弁してくれよ!
京都市街に入った途端だよ!
一発目に出会った寺が世界遺産って…

やりすぎだよ、限度があるだろ!
岡山には端から端まで探しても、世界遺産ないんだぞ!
後楽園だって頑張ってんだよ!
世界遺産じゃないけど、
あいつはあいつなりに頑張ってんだよ!

てめぇ京都!
トランプの大富豪で、一発目からAあたりをポンと出し、
戦力の差を見せつけ、
みんなのやる気をなくす嫌な野郎のパターンか!
怒り頂点に達します。

自分はブランド信仰がはっきりいって嫌いです。
世界中の人々が、世界遺産と聞いただけで右往左往する姿、
あさましいではありませんか。
世界遺産がなんだというのだ!そんなものに価値があるのか!
価値とは己で判断するものだ、
行くか行かないかは自分で決めるのだ、
世界遺産であるか否か、そんなものは関係ない!

というわけで、東寺を通り過ぎましたが、


もちろんUターンし、
東寺の五重塔を写真に収めました。
のみならず境内へ。

仏像、うーん、仏像、半端ないぞ仏像…
さすが世界遺産というべきか、
写真撮影禁止の仏像がいっぱい安置されております。
重要文化財、重要文化財、国宝、国宝、
重要文化財、国宝、国宝、
それらひっくるめて、東寺は世界遺産、

もう何が何だか、フルコースでひたすら、
メインの肉料理ばっかでてきてる感じで落ち着きません。
一ヶ所に国宝は一つだけにしませんか?
ありがたみが、ねぇ…

メインばっかで、こってりしすぎです。
ぼかー、ポタージュスープ的なものでほっとしたいのです。

ということで、安らぎを求めて私が発見したのが
寺の片隅に遠慮がちにいた「贔屓」(ひいき)です。
B級感漂うこのひとを見るとちょっと落ち着きました。
重要文化財も国宝の文字もありませんし。


なにやら亀の神様みたいな容姿ですが、
このひと、中国の伝説上の生物だそうです。
そういえば、同じく、麒麟や鳳凰、
中国の伝説上の生物は難しい漢字書きますね。

この贔屓は、重ければ重いものほど背負いたくなるという、
特異な趣向をもった方らしいです。
なので柱や石碑の土台にこうやって置かれるらしいです。
重いもの載っけてやると、
「あ~気持ちええわ~」ってなるんですね。
ちょっとした変態ですね(笑)

この土台にいる贔屓を引っこ抜くと、柱が倒れますから、
ある者だけを尊重すると、色々問題起きますよ~
みたいなところから、
えこひいきする、などの言葉が生まれたらしいです。
贔屓ってなんであんな難しい漢字書くんだろうって思ってましたが、
その謎が解けました。
いや~勉強になりました。

そうそう、この東寺の贔屓の頭を布でなで、
自分の体の悪いところに布をあてますと、
その患部がよくなるとか。
布がなかったので、手で触り、自分は肩こりなので、
肩にその手を当てますと、なにやらスースーします。

「おお!スースーするよ!」
と興奮しておりますと、奥様に一言、
「雨で濡れてたから、濡れた手で肩さわればそりゃスースーしますよ」
と冷静に言われました。

なんともロマンのかけらのない…
がっかりです。

あれ?国宝とか、重要文化財の仏像とか、スルーで、
贔屓の話で終わってしまいました(笑)

B級文化財大好きな私です。


つづく…
スポンサーサイト

テーマ : 演劇・劇団    ジャンル : 学問・文化・芸術


Comments

Leave a Comment

劇団ぺブルのおしらせ
- Information -

劇団ぺブル
(ペブル・グラベル)
第五回公演
『竹蔵さんのおくりもの』

前売りチケット絶賛発売中です!




-- E N D --
.
.
劇団ぺブル

主催の川西

ブログの書き手:主催の川西
劇団ぺブル
(ペブル・グラベル)は
一年一作
「心にひっかかるオリジナル大衆劇」
をお届けする劇団です!

★次回公演カウントダウン★
★ご訪問いただきましてありがとうございます★
☆劇団ぺブル☆
竭・繝壹ヶ繝ォ繧ー繝ゥ繝吶Ν_convert_20120119104058
☆当劇団へのお問い合わせ☆
コメント、お問い合わせ等、お気軽に!

【E‐mail】
pebble.gravel@gmail.com

【Twitter】
ペブル・グラベルで検索!
(@pebblegravel)

【TEL】
080‐1646‐2063 (制作)

※下記メールフォームに
入力いただいても送信できます。
 
※記事の下部にある
「本文」をクリックすると
コメントを書くこともできます。

☆メールフォーム☆

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。