Archive  RSS  Login

劇団ぺブル(ぺブル・グラベル) 公式ブログ

ペブルは小石。グラベルはもっと小さな小石。足をとめて観てください。小石たちのお芝居を!「心にひっかかるオリジナル大衆劇」を年に一度お届けします!


 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: 主催のひとりごと > 私なりの余談  

第184話 エプロンを外す勇気を持とう

これは人間の習性なのでしょうか、
何かまずいことが起きると、
とりあえず逃げ道を探す、隠すことを考える。

「臭いものには蓋をしろ」
という表現は言い得て妙だなと。

習性に対し、じわりと理性があとから湧き出てくる。
この切り替えが早い人が善人、あるいは人と言えるのでしょうか。
蓋を開けてここに臭いものがありますよと、
まわりにアピールできるかどうか。
ここが人間としての理性、そして勇気が問われるところでしょうか。

私、あるいは私を含む組織を優先し、蓋を閉じ続け、
臭いにおいがするだけだったものが、
どろんどろんの手のつけられない状態になってから、
開けろと言われて、渋々蓋を開けさせられて、
なんでこんな状態になるまで放置しておいたのだと、
追求されて追い詰められる人、
昔から、そして直近でも、~会社、~委員会、よく見かけます。

さて、その
「臭いものには蓋をしろ」の類義語に、
「浴槽のエプロンは外すな」という言葉があります。

…ありましたっけ?
今、作りました。

ご存じでしたか?
風呂場の浴槽、側面のカバー、これをエプロンと言うらしいですね。
そして、あれ、パカッて外せるんですね。



まあ、元々外せないタイプの浴槽もあるかと思います。
我が家と同じようなスタイルの浴槽をお持ちの方にしか、
わからない話かとも思いますが、
あのエプロンカバー、業者に頼まないと外せない、
自分では外せないと思ってる方、けっこう多いみたいです。

我が家のエプロンは、ちょっとコツがいりますが簡単に外せます。
簡単に外せるのは知っていたのですが…

まさに「浴槽のエプロンは外すな」
エプロン内部を見るのが恐ろしすぎて、
半年以上見て見ぬふりをして放置しておりました。
そうなんです。エプロンが隠してますので、お風呂は一見健全です。
外見上はきれいなものです。

しかし、あまりに長い間、放置してましたので、
もはや漏れ出すにおいは隠せません。
恐ろしい、たっぷりと肥え太りのさばった巨悪のにおいがします。
やはり、やるしかないだろう。
勇気だ、勇気をもって、この巨悪に立ち向かわなければならない。

お皿洗いと、この隠れた巨悪との闘いに関しては、
我が家では私の役目。暗黙の了解で決まっております。

禁断のエプロン外し、久方ぶりに実行に移すことを決断しました。

うわ、エプロンの裏がすでにぬるっとする。
いやぁもう!

パカッと開ける。
エプロンを外した、裏の世界が視界に飛びこんでくる、

しばらく絶句。

やはり、見なかったことにできないものか…

これは、やばい。

真黒。黒と言うか得体の知れない色。
浴槽の下床、排水溝まわり、

阿鼻叫喚のカビ地獄。
カビ軍団がやりたい放題のさばっております。
暴れまわっております。

さあ、どうしたものか、

タワシ、柄の長いブラシなどの武器は装備したものの、
私一人では、とてもこのカビ軍団に立ち向かえない。

あの方の、やはりあの方の助けが必要だ。
あのお方のお力をお借りせねば。

先生!先生!

「呼んだか?」

お風呂場の用心棒、
マジックリン先生の登場です。

「むむむ、これは強敵だな。ついてまいれ!」

はい!先生!

さすが、マジックリン先生、
怯むことなく、
暴れまわるカビ軍団に大量の黄色い液体を浴びせかけます。

「いまだ、こするのだ!」

はい、先生!

マジックリン先生の黄色い液体攻撃で、
弱体化したカビどもをタワシと柄の長いブラシで、
バッタバッタとこすり落とします。

うお~!!!

カビどもの悲鳴が聞こえます。
シャワーで流すと大量のカビどもの死骸が流れてまいります。
しかし半年以上のさばり勢力を蓄えた強力なカビ軍団、
簡単には取れません。

「いくぞ、総攻撃だ!!」

はい!先生!!

マジックリン先生の放つ黄色い液体とともに、
私のタワシ&ブラシ攻撃、そしてシャワーの連続攻撃、
ようやく底の白さが戻ってまいりました。
私、汗だくであります。

「よし、とどめだぁ!!!」

はい、先生!!!

浴槽下部、奥の方に隠れ、最後の抵抗を見せるカビどもに、
マジックリン先生、黄色い液体を遠距離射撃!
ブシュー!!ブーシューーー!!!

ん?

ブシュッ、シュッ、フッ、フッ、
あれ、黄色い液体が出ない、
フッ、フッ、
泡しか出ない、

あ!先生!先生!

見れば、
いまだかつてないカビの大軍と勇敢に戦った末、
黄色い液体を全て失い、
空になり力尽きたマジックリン先生の姿が。

先生!先生!
やばい、黄色い液体詰め替えパック、
詰め替えパックのストックはないのか?

ない!なんということだ…

息も絶え絶えのマジックリン先生、
「…カビは…取れたか…」

(私、号泣しながら)
はい、きれいさっぱり、取れました!

「…そうか…それは…よかった」

先生!あなたは…黄色い液体詰め替えパックの
ストックが切れているのを知ってて、
それなのにあなたは、黄色い液体を出し切って、
空になってしまったのですか?

「…カビを倒せたのなら…わしが空になろうが…それでよいのだ」

なんということを!先生!先生!

「…あとのカビは…頼んだぞ…ガクッ」

先生!先生!!!
(私号泣)

先生の死は無駄にいたしません!
これからは二度と、カビの繁殖を許しません!
見ていてください、先生!
カビのはびこることのない、
平和なお風呂場を守ってみせます!

空になったマジックリン先生のなきがらを見つめながら、
カビとの永遠の戦いを誓う、私であった。



と、あまりのカビの汚さに夢中で現実逃避掃除してましたら、
いつの間にかきれいになりました。
エプロンを元の状態にはめ込みますと、
外見は変わらないのですが、
なんだか清々しいですね~

たまにはやってみるもんです、エプロン外し。
いや、普通はもっと
頻繁にやらなきゃいけないものなのでしょうね。


つづく…
スポンサーサイト

テーマ : 演劇・劇団    ジャンル : 学問・文化・芸術


Comments

Leave a Comment

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
劇団ぺブルのおしらせ
- Information -

劇団ぺブル
(ペブル・グラベル)
第五回公演
『竹蔵さんのおくりもの』

前売りチケット絶賛発売中です!




-- E N D --
.
.
劇団ぺブル

主催の川西

ブログの書き手:主催の川西
劇団ぺブル
(ペブル・グラベル)は
一年一作
「心にひっかかるオリジナル大衆劇」
をお届けする劇団です!

★次回公演カウントダウン★
★ご訪問いただきましてありがとうございます★
☆劇団ぺブル☆
竭・繝壹ヶ繝ォ繧ー繝ゥ繝吶Ν_convert_20120119104058
☆当劇団へのお問い合わせ☆
コメント、お問い合わせ等、お気軽に!

【E‐mail】
pebble.gravel@gmail.com

【Twitter】
ペブル・グラベルで検索!
(@pebblegravel)

【TEL】
080‐1646‐2063 (制作)

※下記メールフォームに
入力いただいても送信できます。
 
※記事の下部にある
「本文」をクリックすると
コメントを書くこともできます。

☆メールフォーム☆

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。