Archive  RSS  Login

劇団ぺブル(ぺブル・グラベル) 公式ブログ

ペブルは小石。グラベルはもっと小さな小石。足をとめて観てください。小石たちのお芝居を!「心にひっかかるオリジナル大衆劇」を年に一度お届けします!


 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: 主催のひとりごと > 私なりの余談  

第188話 健さんの「ありがとう」

お涙ちょうだいものは嫌いだ、という方もいるとは思いますが、
涙を流して浸っていたい、そういう時、そういう願望は、
誰にでもあるのではないでしょうか。

ただ否応なく、涙が出てきてしまう、
その人独自の涙のツボがあるもので、そのツボを刺激されると、
別に今泣きたいわけじゃないのになぁ、
なんで自分は泣いているんだろう?
と自分で自分が不思議になる場合があります。

あるお笑い芸人が使っていたうまい表現でいくと、
「涙腺のパッキンがゆるんでますよ」状態、

久しぶりに私、パッキンゆるみっぱなしで涙だだ漏れ、
「暮らーし安全、クラーシアン♪」に電話しようかと思いました。

原因は、今公開中の映画、
『あなたへ』であります。



私、ダメなんです。

涙腺は元々弱い方だとは思いますが、
芝居に携わっておりますと、
見る目がだんだん厳しくなるといいますか、
いやらしくなるといいますか、
時に上から目線になるといいますか、
自分の芝居はまず棚にあげておきまして、
批評家然として映画やドラマを観てしまうので、
いろいろと、わざとらしいだあざといだつまらんだ、
こんなんもんじゃ泣けないよ、
ここをもっとこうすればいいのに、
などとつっこみながら観るくせがついてしまい、
近年、ドラマなどのつくりものの世界で、
泣けることがだんだん少なくなってきています。

ただ、例外が。

高倉健さんだけは、ダメなんです。

この映画をご覧になった方ならわかると思いますが、
この映画の出だし、
健さんと、奥さん役の田中裕子さんが、
風鈴を一緒に眺めるシーンがあります。

「秋がきたら風鈴しまわなきゃね。
季節はずれの風鈴の音ほどさみしいんものはないから…」
そう言って笑顔で息を吹きかけて風鈴を鳴らす田中裕子さんを、
黙って見つめる健さん、

はい、始まって3分も経たずして、
私の頬には一筋の涙が…

隣の席で観ていたうちの奥様、
ええ!早速ここで!いやいやいや…
と思ったらしいです。

この映画、ええ~レンタル出たら借りればいいじゃん、
と渋るうちの奥様を、

なにを言うとるか!
齢80歳をこえた健さんを、あと何回観られると思っとるか!
映画館でその勇姿を拝見せんでなんとするか!
観にいかんというなら出て行け!
いや、出て行く!
いや、一緒に出て行こう!
と強引に連れ出しました。

こと健さんのことになると見境はありません。

初めて親に連れられて観に行った邦画が、
『南極物語』でした。
家に帰り、健さんを真似て「タロー!ジロー!」と叫び、
当時飼っていた愛犬がきょとんとしていたのを覚えています。

その後も任侠映画好きの父に
『網走番外地』を観せられ、

中学校の遠足のバスの中でなぜか健さん映画、
『遥かなる山の呼び声』を上映されひとり号泣し、
隣に座っていた同級生がひいていたこともあり、

『鉄道員』公開中は、あまりの感動に、
二日続けて映画館に観にいって泣いてきました。

今回の『あなたへ』は先行して原作本が出ていたので、
ストーリーは完全にわかっています。
ストーリーを思い返しつつ、
うん、あのシーンで小雨、あのあたりでどしゃ降りだろうなと、
ある程度、涙予想はしていましたが、
まさか出だしでゲリラ豪雨がくるとは…

『あなたへ』までにも長々と健さんとコンビを組んできた
降旗康男監督はこう言っていました。

「高倉健は僕のアイドル。僕は半世紀もアイドル映画を作ってきたんですね」

確かにそうです。
自分の涙は、あるアイドルグループの絶対的エースが引退!
という時、号泣してたファンと何ら変わりません。

健さんがどんな演技をしようと、
どんなにべたな脚本であろうとも、自分は泣くのでしょう。
もはや理由はありません。
健さんは私のアイドルですから。

『あなたへ』の健さん、
相変わらず無口でした。
健さんなら台詞なくても、海を見つめてるだけで、
30分くらいもつんじゃないでしょうか。
もはや脚本の技巧は必要ありません。

一番どっと涙が押しよせた台詞が、
気のきいた台詞でもなんでもありません。
「ありがとう」という一言でした。

いやいや健さん、ありがとうというのはこちらですよ。
泣きすぎて目が疲れました。

気が昂ぶりもはや正常ではありませんので、
今日は早めに寝ることにします。
それまでに何回真似するでしょうか。

「ありがとう」


つづく…


スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー    ジャンル : 映画


Comments

健さん
こないだNHKでやってたねえ。やっぱすごい人だね。
愛しの健さん
タカさん、またタカさんとの共通点がありました(^-^)v私も「あなたへ」を観て泣きましたよ。まあ、タカさんほどではないと思いますが…(笑)
健さんがご自分の著書の中で書かれています。「都忘れ」という花が好きでお母さんのお墓にも供えたと…。私も紫、薄紫の「都忘れ」が前から好きだったので感激しました。とりあえず分かっている健さんとの共通点はあと一つ、コーヒーが好きだという事です。

それにしても映画館ってあまり好きになれません。ポップコーンの匂いやガサガサいう音が聞こえて来るとイラつきます。えーっ!こんないいシーンでポップコーンを食べるの?なんて思っちゃいます。それに加えて今回は隣に私くらいの年の女性三人組が座っちゃってもう最悪!おしゃべりがほぼノンストップでした。私は愛しの健さんに会いに来たんだぞ、静まれ!と言いたかったですがぐっとこらえました(/_;)
やましろさんへ
最後の映画スターという感じがします。
まだまだ映画に出て欲しいのですが…
わらべさんへ
好きな花「都忘れ」ですか、健さんとの共通点、いいですねぇ。
自分には全く共通点が見つかりませんが、現場で健さんが座らないというイメージが有名ですが、
自分も芝居の本番中は出番でなくても立っていたい人なのでそこだけ健さんの気持ちがわかる気がしてます。

映画館は、観る迫力は捨てがたいですが、確かに良し悪しですね。
舞台ではポップコーン食べながら観る人はさすがにいないですが…
食べる時なるべく音のしないものを売ればいいですよね、
羊かんとか、わらび餅とか、こんにゃくとか、豆腐とか、どうでしょう(笑)

Leave a Comment

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
劇団ぺブルのおしらせ
- Information -

劇団ぺブル
(ペブル・グラベル)
第五回公演
『竹蔵さんのおくりもの』

前売りチケット絶賛発売中です!




-- E N D --
.
.
劇団ぺブル

主催の川西

ブログの書き手:主催の川西
劇団ぺブル
(ペブル・グラベル)は
一年一作
「心にひっかかるオリジナル大衆劇」
をお届けする劇団です!

★次回公演カウントダウン★
★ご訪問いただきましてありがとうございます★
☆劇団ぺブル☆
竭・繝壹ヶ繝ォ繧ー繝ゥ繝吶Ν_convert_20120119104058
☆当劇団へのお問い合わせ☆
コメント、お問い合わせ等、お気軽に!

【E‐mail】
pebble.gravel@gmail.com

【Twitter】
ペブル・グラベルで検索!
(@pebblegravel)

【TEL】
080‐1646‐2063 (制作)

※下記メールフォームに
入力いただいても送信できます。
 
※記事の下部にある
「本文」をクリックすると
コメントを書くこともできます。

☆メールフォーム☆

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。