Archive  RSS  Login

劇団ぺブル(ぺブル・グラベル) 公式ブログ

ペブルは小石。グラベルはもっと小さな小石。足をとめて観てください。小石たちのお芝居を!「心にひっかかるオリジナル大衆劇」を年に一度お届けします!


 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: 主催のひとりごと > 私なりの余談  

第192話 娘をたずねて0.025462963里

我が島の実家のアイドル、ポン子は、
生まれてはや二ヶ月、すくすくとたくましく成長しております。



私がもらってきたのに、なぜか父が離しません、
意外な溺愛ぶりをみせています。
首輪がサイズ合わないので改造、
わざわざ縫いポン子サイズ首輪を作り、
どこからか大型鈴を見つけてきて装着し、
やめろというのに毎日風呂に一緒にはいり、
ポン子を自転車の前かごに乗っけて島中をツーリングに出かけております。

さて今回の物語は、
父がポン子を自転車でつれまわしたことからはじまりました。
後に全米を泣かせる感動の出来事が起こることを、
自転車に乗っていた父もポン子も知るよしがありませんでした。

ある日、実家の家のドアを開け外に出ますと、
家の前に止めてある父の自転車の前かごに、
猫が一匹いました。しきりににおいをかいでいます。



ポン子のママ猫でした。
私の姿を見ると、寄ってきて、フーンフーンと鳴きます。
「ここに…ここに私の娘がいませんか?」
「会わせてください、お願いしますお願いします」
間違いなくこんなことを言ってるように聞こえました。
せつない声で、フーンフーンと鳴くのです。

自転車の前かごに乗ってるポン子の姿を見かけ、
自力で我が子がいる家を探し出したようです。

せっかく我が実家に慣れたポン子に里心がつくのもどうかと思い、
どうしたものかと悩みましたが、

会えるまでここを動きません、
とじっと玄関前に座るママ猫を、
仕方なく抱きあげ、我が実家から100メートルほど離れた
ママ猫の家まで送り届けました。

飼い主さんが言ってましたが、
ポン子を含め6匹の子猫、、
それぞれ新たな飼い主の元へ引き取られていきましたが、
どうやらママ猫、いきなり我が子たちがいなくなったので、
「あの子たちをどこへやったの、どこにやったのよ」
と精神不安定、ずっと島中を探しまわっていたようです。

次の日、ドアを開けると、家の前の樅の木から、
どさっと何かがとび下りてきたのでびくっとなりましたら、
やっぱりママ猫でした。
木に登って、家の中の様子をうかがっていたようです。



やはりフーンフーンとせつなく鳴き、玄関前で動きません。

私、なにやらママ猫の愛にうたれました。

わかった。
よし、わかった。
会わせてやろう。

お入りなさい、とドアを開けてやりますと、
「いいんですか?ありがとうございます、ありがとうございます」
ゆっくりと私を見上げながら入ってくるママ猫。

そして感動の母子再会。
ポン子の姿を見つけると、
フーンフーンとせつなく鳴くママ猫。
一瞬躊躇したあと、まっしぐらに母の元に突っ込むポン子、



おい…
お前はもうキャットフードばりばり食ってるだろ!
乳離れしただろう!

しかし乳を吸うポン子。
「もうしょうがない子ねぇ」
横たわり乳を与えるママ猫。

なんだかいい光景でした。
子を想う母の想いには、人間も猫も違いはないのでしょうねぇ。

思う存分、自由にさせてあげました。

ひたすら乳を吸いに追い回すポン子に、
ええかげんしつこいわ!とママ猫が若干切れたところで、
ママ猫を外に出してやりました。

すると…
納得したのか、自分の家に帰っていきました。

それからというもの、
ママ猫、時々見回りにはくるものの、
すぐ帰っていきます。

我が子の居場所がわかった安心感、
我が子が幸せに暮らしているのであれば、
もう邪魔してはいけない、
もう遠くで見守ろうという、これまた親心でしょうか。

さて、ポン子の方はというと、
ママ猫が出て行った後も、鳴くこともありませんでした。
やっぱりもう自分の家はここだと感じているのでしょうか。

そして、先日、外にポン子を連れて出ますと、
島犬と遭遇しました。
犬に対してどう反応するかなと見ておりますと、なんと!

島犬の乳をくわえようとしているではありませんか!
すんごい迷惑そうに逃げ回る島犬、

ポン子、お前、もしかして、

誰でもよかったのか!乳が吸えれば誰でもいいというのか!

あの全米を泣かせた感動の授乳シーン、
やや色あせる瞬間でした。


つづく…
スポンサーサイト

テーマ : 演劇・劇団    ジャンル : 学問・文化・芸術


Comments

Leave a Comment

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
劇団ぺブルのおしらせ
- Information -

劇団ぺブル
(ペブル・グラベル)
第五回公演
『竹蔵さんのおくりもの』

前売りチケット絶賛発売中です!




-- E N D --
.
.
劇団ぺブル

主催の川西

ブログの書き手:主催の川西
劇団ぺブル
(ペブル・グラベル)は
一年一作
「心にひっかかるオリジナル大衆劇」
をお届けする劇団です!

★次回公演カウントダウン★
★ご訪問いただきましてありがとうございます★
☆劇団ぺブル☆
竭・繝壹ヶ繝ォ繧ー繝ゥ繝吶Ν_convert_20120119104058
☆当劇団へのお問い合わせ☆
コメント、お問い合わせ等、お気軽に!

【E‐mail】
pebble.gravel@gmail.com

【Twitter】
ペブル・グラベルで検索!
(@pebblegravel)

【TEL】
080‐1646‐2063 (制作)

※下記メールフォームに
入力いただいても送信できます。
 
※記事の下部にある
「本文」をクリックすると
コメントを書くこともできます。

☆メールフォーム☆

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。