Archive  RSS  Login

劇団ぺブル(ぺブル・グラベル) 公式ブログ

ペブルは小石。グラベルはもっと小さな小石。足をとめて観てください。小石たちのお芝居を!「心にひっかかるオリジナル大衆劇」を年に一度お届けします!


 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: 主催のひとりごと > 私なりの余談  

第18話 船長日誌【1】青春?

さて、余談は続いて…岡山での生業の話。

我が海上タクシーでは、県からの委託で、船で学生と先生を運ぶ、
スクールボートも運航しています。

我が島には、小学校しかありません。
なので、早朝、島より中学生を、本土へ運び、
その便の帰りで小学校の先生を本土から島に運びます。
昼は、小学校の給食を本土に取りに行く。
夕方は、島から小学校の先生が帰り、
中学生を島に連れて帰る。
一日、三便が基本となります。

去年、東京より15年ぶりに帰り、父からこの仕事を引き継いだのですが、
当初は、突然帰ってきた、見慣れぬ新船長に、
島の人見知りな学生達は、いまいち、心を開いてくれず…

とりあえず、おはよー、とあいさつだけは大きな声でかけることを心がけ…
学生達、最初はあいさつも、聞き取れないくらいぼそぼそと…
若干、私、悲しくなっていたのですが、あいさつは続けてみるもので…

一年経った今では、おはよーございます、としっかり返してくれまして。

最近は、たった一人の男子中学生が、運転席の横にくるようになり。
たわいもない話をしながら、いつも夕方帰っているのですが、

なにやら、私に悩みを打ち明けたいそぶり…

なにか悩んでるようだな…とは感じてたのですが。
中二ですから。一番悩む時期ですし。
私も、一番、不安定な時期でしたし。

「どうした?」と水をむけますと、やはり、

「船長さん、卓球部やめようか悩んどんじゃ」

なるほど、最近、夕方の便で帰ってきてたので、
部活休んでるんだろうなとは思ってました。

島の子供、独特の悩みがありまして、
従来、このスクールボートの帰りの便の時間では、
部活ができず、みんな帰宅部になるしかなかった。
自分も野球がどうしてもやりたかったのに、できなかった。

それがこの子の親は熱心で、
部活が終わる頃、頑張って船で彼を迎えに行っていたわけです。
自分は、忙しい親に船で迎えにきてもらってまで、
部活がしたいと言い出せず、高校もしかりで…
ようやく大学で上京、一人暮らしの自由の中で、野球部に入った経緯があります。
部活がしたくてしたくて、たまらんかったわけです。

そんなことを話しつつ、
忙しい中、お父さん、お母さんが迎えに来てくれて、
部活ができるのは、ありがてえことぞ、と…
一年やってきたのにもったいねぇ、続けてみぃ、と…
こんこんと兄貴目線で(父目線?)話してみますと、

うん、となにやらすっきりした顔で、船を下りて行きました。
部活続けてくれればいいなぁと。

なにやら、青春の一幕っぽいのぉ、
次は、恋の悩みでも聞いてみてゃーものです。

つづく…





スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
劇団ぺブルのおしらせ
- Information -

劇団ぺブル
(ペブル・グラベル)
第五回公演
『竹蔵さんのおくりもの』

前売りチケット絶賛発売中です!




-- E N D --
.
.
劇団ぺブル

主催の川西

ブログの書き手:主催の川西
劇団ぺブル
(ペブル・グラベル)は
一年一作
「心にひっかかるオリジナル大衆劇」
をお届けする劇団です!

★次回公演カウントダウン★
★ご訪問いただきましてありがとうございます★
☆劇団ぺブル☆
竭・繝壹ヶ繝ォ繧ー繝ゥ繝吶Ν_convert_20120119104058
☆当劇団へのお問い合わせ☆
コメント、お問い合わせ等、お気軽に!

【E‐mail】
pebble.gravel@gmail.com

【Twitter】
ペブル・グラベルで検索!
(@pebblegravel)

【TEL】
080‐1646‐2063 (制作)

※下記メールフォームに
入力いただいても送信できます。
 
※記事の下部にある
「本文」をクリックすると
コメントを書くこともできます。

☆メールフォーム☆

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。