Archive  RSS  Login

劇団ぺブル(ぺブル・グラベル) 公式ブログ

ペブルは小石。グラベルはもっと小さな小石。足をとめて観てください。小石たちのお芝居を!「心にひっかかるオリジナル大衆劇」を年に一度お届けします!


 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: 主催のひとりごと > 芝居のお話  

第26話 軸

我が父親は、船長一筋、一代で船4台そろえた強者です。
最近は衰えましたが、鉄人であり、年中無休、24時間ほぼ一人で、
海上タクシーの仕事をこなしてきました。
我が親ながらすごいなぁと思います。
いまは、自分が帰ってきて、朝から夕方まで自分の担当、夜の仕事は父と、
分担してますので、お互い体は楽ですが。

その父、なんだか知りませんが、二時間ドラマが好きです。
二、三人簡単に殺され、犯人は誰?みたいなドラマですね。

そして、見ながら、いつの間にか寝る。
起きると、犯人は誰じゃったんなら?と聞いてくる。

他の番組見てて、チャンネル替えると、ドラマやってる。
すると、途中からでも終わりかけでも、そのドラマを見始める。
もう、犯人も刑事も、崖の上にいるんですけど…
前半の話とか、筋とか、どうでもいいんですね。

たまに、父の見慣れない、ハリウッド映画とか、
レンタルで借りてきて見始めると、
黙って見ててくれればいいんですが、
必ず周囲に何度も質問してきます。

「犯人は誰なら?」「これ、どうなるんなら?」
結末に関してですね。
そこが最初からわかったら、この映画みる楽しみないでしょ、と思うのですが…
どうやら、ある程度、先行きに予想がつかないと落ち着かないようです。
最後のどんでん返しとか、いらないようです。
6センス とか、結末に行く前に、寝てます。
意味がわからん、他のはないのか、と大体15分あたりで見切りをつけます。

昔気質の人で、こういう方は、けっこういるんじゃないかと。
まあ、うちの島にはけっこういるようですが。

もう一つ、映画序盤で父が聞いてくる質問があります。
ここが意識できないと落ち着かないようです。
でも、この質問は、なるほどな、と思う時もあります。

「主人公は、誰なら?」

ほらきた、と、思うわけです。
そろそろ、その質問がきそうだなと、感じるくらい、
主人公がなかなか、登場しない前置きが長いストーリーってあります。
それが、意図的なら、なるほどー、って後で感心したり。
はなから、主人公をぼやかしてる群像劇もあります。

しかし、明確な主人公のいない話を成立させるのは、難易度が高い。
作るのは簡単でしょうけど、観る人が感情移入しづらく、
ただ薄く浅いものができあがる可能性が強くなるように思います。 

一本軸が通っていなければ、コマも立って回らない。
軸があればこそ、右に傾いても左に傾いても、
またコマはまっすぐに戻ろうとする。
コマの魅力は軸を中心に回ることと、
軸以外のカラフルな装飾。

軸が、主人公。
周りをカラフルな、脇役陣で固める。

斬新でなくても、昔ながらの作り方がいいかなぁと。
自分が、落ち着けるものが好きなのは、
父の血だなぁ、と。

どんな観客も除外したくない。
できるかできないかわかりませんが、
老若男女、楽しめる芝居が、理想です。
そのための基本中の基本が、軸。
芝居とは縁遠い父の目線から、強く意識させられました。

仕事に関しては教わってばかりですが、
芝居に関して唯一、父から教わったことです。

つづく…













スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment

劇団ぺブルのおしらせ
- Information -

劇団ぺブル
(ペブル・グラベル)
第五回公演
『竹蔵さんのおくりもの』

前売りチケット絶賛発売中です!




-- E N D --
.
.
劇団ぺブル

主催の川西

ブログの書き手:主催の川西
劇団ぺブル
(ペブル・グラベル)は
一年一作
「心にひっかかるオリジナル大衆劇」
をお届けする劇団です!

★次回公演カウントダウン★
★ご訪問いただきましてありがとうございます★
☆劇団ぺブル☆
竭・繝壹ヶ繝ォ繧ー繝ゥ繝吶Ν_convert_20120119104058
☆当劇団へのお問い合わせ☆
コメント、お問い合わせ等、お気軽に!

【E‐mail】
pebble.gravel@gmail.com

【Twitter】
ペブル・グラベルで検索!
(@pebblegravel)

【TEL】
080‐1646‐2063 (制作)

※下記メールフォームに
入力いただいても送信できます。
 
※記事の下部にある
「本文」をクリックすると
コメントを書くこともできます。

☆メールフォーム☆

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。