Archive  RSS  Login

劇団ぺブル(ぺブル・グラベル) 公式ブログ

ペブルは小石。グラベルはもっと小さな小石。足をとめて観てください。小石たちのお芝居を!「心にひっかかるオリジナル大衆劇」を年に一度お届けします!


 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: 主催のひとりごと > 芝居のお話  

第4話 金はなくとも、時間はなくとも、

芝居というものは、一ヶ月ほど皆で集まり、
集中稽古、その間も、ない時間でバイトでつなぎ、
客集め必死にやり、チケットノルマ分、客呼べなきゃ自腹だぜい、
とそんな勢いでやるものだと思っておりました。

さて就職もしてしまえば、まずは時間がない、
集中稽古に参加できない、
家庭もてば金の自由もきかなくて、
と、そりゃ芝居は無理だなと感じるわけで。

ただそこは、逆転の発想で、
時間がなければ、期間を長くとればいい。
金がなければ、金のかからない芝居を考えればいい。

そこで生まれたのが、前作『来世の森のわすれもの』でした。

金がかからないように、場面が一場面ですむ芝居にしよう、
作るものもいらないように、素舞台でできるような設定…
そうだ、洞窟に閉じ込められる話にしよう、
そうすればほぼ暗闇状態で、画になるのでは?

何の理念もなく、
ただ洞窟に閉じ込められることを目的に書き出した台本は、
行き詰る、行き詰る…

どうドラマ性を作り出す?
まず、どうやって閉じ込められる?
地震で偶然に?しか思いつかねえ…

そんなご都合主義が受け入れられると思うのか!
地震しか思いつかねえ…

苦しみ抜いた台本は、
最終的には、最初出演者に手渡した台本の
原型をとどめないものになっておりました。

さぞや、ご迷惑をかけたことでしょう。
もう二度と出演者にはこんな迷惑はかけまい、と。

でもやっぱり、第二作を書く際も、
舞台装置が安くあがりますようにと、
貧乏性な私は、作れる範囲の設定の、
かせをかけたのでありました。

つづく…
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
劇団ぺブルのおしらせ
- Information -

劇団ぺブル
(ペブル・グラベル)
第五回公演
『竹蔵さんのおくりもの』

前売りチケット絶賛発売中です!




-- E N D --
.
.
劇団ぺブル

主催の川西

ブログの書き手:主催の川西
劇団ぺブル
(ペブル・グラベル)は
一年一作
「心にひっかかるオリジナル大衆劇」
をお届けする劇団です!

★次回公演カウントダウン★
★ご訪問いただきましてありがとうございます★
☆劇団ぺブル☆
竭・繝壹ヶ繝ォ繧ー繝ゥ繝吶Ν_convert_20120119104058
☆当劇団へのお問い合わせ☆
コメント、お問い合わせ等、お気軽に!

【E‐mail】
pebble.gravel@gmail.com

【Twitter】
ペブル・グラベルで検索!
(@pebblegravel)

【TEL】
080‐1646‐2063 (制作)

※下記メールフォームに
入力いただいても送信できます。
 
※記事の下部にある
「本文」をクリックすると
コメントを書くこともできます。

☆メールフォーム☆

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。