Archive  RSS  Login

劇団ぺブル(ぺブル・グラベル) 公式ブログ

ペブルは小石。グラベルはもっと小さな小石。足をとめて観てください。小石たちのお芝居を!「心にひっかかるオリジナル大衆劇」を年に一度お届けします!


 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: 主催のひとりごと > 芝居のお話  

第42話 タイムリミット

本日は『ハングオーバー』というコメディ映画を観ました。
ハングオーバーというのは、二日酔いという意味らしいです。

話題作だったので、観た方も多いでしょう。
アメリカらしい、下ネタ満載のドタバタコメディでした。
面白かった、といえば面白かった(?)です。
いっぱい、必要のない、使ってはいけない(笑)
英会話のフレーズが学べます。

さて、この映画は裏テーマに、タイムリミットが設けてあります。
二日酔いで何も覚えていない男達が、行方不明の新郎を見つけて、
果たして、明後日に控えた結婚式に間に合うのか、というところ。

タイムリミットは、ストーリーを盛り上げる、
重要な要素です。

映画『ジャガーノート』が最初なのでしょうか?
タイムリミットの代表例が、
仕掛けられた、時限爆弾の解体、
これから派生していくつもの、
タイムリミットとの戦いといったストーリーが生まれています。

タイムリミットは、登場人物を精神的に極限状態に追い込み、
観る側にさえ、その緊張感が伝染し、釘付けにさせます。

タイムリミットによって追い込まれた登場人物は、
時に限界を超えた力を発揮し、危機を乗り越えます。

ストーリーにおいてだけでなく、
日常生活においてもタイムリミットの効用は使えるようで、
期限をうまく設定し、己の向上に活かしている人に、
偉人が多いようで。
タイムリミットは、能力を最大限に発揮させる、
時に能力以上の結果をもたらしてくれるものかもしれません。

タイムリミットの恩恵に期待して、
私も今月末にある締切を設定しました。
何かよからぬものを、生みだすことができるでしょうか…


つづく…
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment

劇団ぺブルのおしらせ
- Information -

劇団ぺブル
(ペブル・グラベル)
第五回公演
『竹蔵さんのおくりもの』

前売りチケット絶賛発売中です!




-- E N D --
.
.
劇団ぺブル

主催の川西

ブログの書き手:主催の川西
劇団ぺブル
(ペブル・グラベル)は
一年一作
「心にひっかかるオリジナル大衆劇」
をお届けする劇団です!

★次回公演カウントダウン★
★ご訪問いただきましてありがとうございます★
☆劇団ぺブル☆
竭・繝壹ヶ繝ォ繧ー繝ゥ繝吶Ν_convert_20120119104058
☆当劇団へのお問い合わせ☆
コメント、お問い合わせ等、お気軽に!

【E‐mail】
pebble.gravel@gmail.com

【Twitter】
ペブル・グラベルで検索!
(@pebblegravel)

【TEL】
080‐1646‐2063 (制作)

※下記メールフォームに
入力いただいても送信できます。
 
※記事の下部にある
「本文」をクリックすると
コメントを書くこともできます。

☆メールフォーム☆

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。