Archive  RSS  Login

劇団ぺブル(ぺブル・グラベル) 公式ブログ

ペブルは小石。グラベルはもっと小さな小石。足をとめて観てください。小石たちのお芝居を!「心にひっかかるオリジナル大衆劇」を年に一度お届けします!


 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: 主催のひとりごと > 私なりの余談  

第59話 江戸しぐさ その2

本日も、せっかくなので、江戸しぐさ、
私の学びのためにも、いくつか書き記しておこうと思います。

雨の日、濡れないよう、お互い傘を傾けてすれ違う、
「傘かしげ」
腰を浮かせ後から来た客のため席を詰める、
「こぶし腰浮かせ」

これらは行儀作法のような印象です。
あたりまえに身についている人もいれば、
こんな簡単なことを、やろうともしない人もいる。

初対面の人に、年齢・職業・地位を聞かないというルール、
「三脱の教え」

この人は自分より年下か、あるいは年上か、
身分は上か下か、
わかった時点で、
相手の人に対して侮りが生じたり、引け目が生じたり、
畏れが生じたり、哀れみが生じたり、
知ることでコミュニケーションに支障がでてしまう、
知らない方がよいこともある。
商売においてはなおさら大事なポイントでしょうか。

「時泥棒をしない」
現代においてこそより効果を得そうな言葉だと思います。
金はかりても返せるけど、時間は取り返しがつかない、
相手の時間を無駄にするようなことはするなとの戒め。
江戸の人々はのんびりしていそうですが、
灯りが高価で夜の時間が短いだけに、
より時間を大事にする思想が生まれたのでしょうか。

一番、気にいった江戸しぐさが
「うかつあやまり」
足を踏まれたら、踏んだ方があやまり、
踏まれた方も、「うかつでした」とあやまれば、
無用な喧嘩も生まれません。
余計ないざこざを防止する戒め。

余計ないざこざをあえて起こそうとする、
殺伐としたご時世、
余計ないざこざを起こす方がかっこいいと、
思っている人も多いように感じる現代、

あやまり、我慢し、のらりくらりとかわしながら、
家族を商売をできれば夢を、
守っていく人の方がかっこいいではないかと、
自分は、とみに最近、思います。

華はなくてもよいではないか、
人にどういわれようとも、信念があれば。

江戸しぐさは戦をしたくなくなるしぐさ、
共に生きる心を大事にするしぐさ、

日本人として、心の根底に置いておきたい、
最近の私の学びでした。


つづく…




スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと    ジャンル : 日記


Comments

Leave a Comment

劇団ぺブルのおしらせ
- Information -

劇団ぺブル
(ペブル・グラベル)
第五回公演
『竹蔵さんのおくりもの』

前売りチケット絶賛発売中です!




-- E N D --
.
.
劇団ぺブル

主催の川西

ブログの書き手:主催の川西
劇団ぺブル
(ペブル・グラベル)は
一年一作
「心にひっかかるオリジナル大衆劇」
をお届けする劇団です!

★次回公演カウントダウン★
★ご訪問いただきましてありがとうございます★
☆劇団ぺブル☆
竭・繝壹ヶ繝ォ繧ー繝ゥ繝吶Ν_convert_20120119104058
☆当劇団へのお問い合わせ☆
コメント、お問い合わせ等、お気軽に!

【E‐mail】
pebble.gravel@gmail.com

【Twitter】
ペブル・グラベルで検索!
(@pebblegravel)

【TEL】
080‐1646‐2063 (制作)

※下記メールフォームに
入力いただいても送信できます。
 
※記事の下部にある
「本文」をクリックすると
コメントを書くこともできます。

☆メールフォーム☆

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。