Archive  RSS  Login

劇団ぺブル(ぺブル・グラベル) 公式ブログ

ペブルは小石。グラベルはもっと小さな小石。足をとめて観てください。小石たちのお芝居を!「心にひっかかるオリジナル大衆劇」を年に一度お届けします!


 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: 主催のひとりごと > 私なりの余談  

第72話 負の感情の行き先は

怒りを抑えきれなくなる時がある。

自分の場合は、世の理不尽を感じた時。

大抵の負の感情は抑えられる。
抑える訓練を積んできた。

抑えて、受け流す、
最悪、はけ口を求める。

ちょっと誰かを責めてみる。
理由があればの話だが。
己は小さな器か?と問いかけながら。

そして、今度は目線を変えてみる。
自分に負の感情を引き起こさせる、
張本人の目線に、
自らを落とし込む。

そうすると、大抵許せる。

それでも許せない時は、
物語を想像してみる。

ものすごいスピードで、
追い抜いていった車。
運転中、腹がたつ。
危ねー野郎だ…

そういう時は、
きっとあの車を運転してる人は、
猛然と急ぐ理由があるのだ。
あの人は、お母さんが危篤に陥った連絡を受けたのだ、
「待ってろ母ちゃん!待っててくれよ!」
泣きながら、アクセルを踏みこんでいるのだ。
それで…

許そう。

おばちゃん三人が乗った車が、
急な割り込み運転をしてくる、
危ねぇ…

「旦那が、知らない女と歩いてるとこ見たの」
と運転してるおばちゃんが打ち明けた。
「そう、見ちゃったんだ、実は私たち、そのこと知ってたの」
と、助手席のおばちゃん。
「え、どういうこと?」
「あなたの旦那さんのこと、もう噂になってたのよ、
 ごめんね、あなたに言った方がいいのか、迷ってたのよ、私達」

ぼう然と運転してたおばちゃんが、
急な割り込み運転をしてきたわけだ。

どうする?
おばちゃん、どうでる?
家に帰って、帰宅する旦那をどう迎える?

気になって、怒りが湧くどころではない。

安ーいストーリー、
でもよいのだ、
私の怒りはおさまったのだから。

怒りを主とする負の感情は、疲れを呼ぶ。

ただ、疲れなければならないかな、
と意を決する時もある。

理不尽な流れだけは、我慢がならない。
受け流す、ストーリーさえ浮かばない。

さて、どうなる、
どうする?
成り行きをもう少し、見守ることとする。


つづく…
スポンサーサイト

テーマ : 生活の中で    ジャンル : ライフ


Comments

Leave a Comment

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
劇団ぺブルのおしらせ
- Information -

劇団ぺブル
(ペブル・グラベル)
第五回公演
『竹蔵さんのおくりもの』

前売りチケット絶賛発売中です!




-- E N D --
.
.
劇団ぺブル

主催の川西

ブログの書き手:主催の川西
劇団ぺブル
(ペブル・グラベル)は
一年一作
「心にひっかかるオリジナル大衆劇」
をお届けする劇団です!

★次回公演カウントダウン★
★ご訪問いただきましてありがとうございます★
☆劇団ぺブル☆
竭・繝壹ヶ繝ォ繧ー繝ゥ繝吶Ν_convert_20120119104058
☆当劇団へのお問い合わせ☆
コメント、お問い合わせ等、お気軽に!

【E‐mail】
pebble.gravel@gmail.com

【Twitter】
ペブル・グラベルで検索!
(@pebblegravel)

【TEL】
080‐1646‐2063 (制作)

※下記メールフォームに
入力いただいても送信できます。
 
※記事の下部にある
「本文」をクリックすると
コメントを書くこともできます。

☆メールフォーム☆

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。