Archive  RSS  Login

劇団ぺブル(ぺブル・グラベル) 公式ブログ

ペブルは小石。グラベルはもっと小さな小石。足をとめて観てください。小石たちのお芝居を!「心にひっかかるオリジナル大衆劇」を年に一度お届けします!


 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: 主催のひとりごと > 私なりの余談  

第86話 目につく力

本日おすすめする商品はこちら!
ミズノ社製
「じつは!腹筋くんライト」

なんとこの商品、
普通の座椅子として普段使用しながら、
先の部分を上げまして、そこに脚をはさみますと、
腹筋運動が楽々できてしまうんですね。

お買い得の~、12800円!
いかがでしょう?



って、宣伝マンではないんですが、
通販番組見てて、我思う、故に我あり。

この商品には学ぶことがありますね。
けっこう、売れてるらしいですが。

この商品が、売れてるポイントは、
「目につく力」
だと思うのです。

座椅子に腹筋運動を助ける機能がついてる、
普通の座椅子にくらべて機能がプラス1でお得じゃない!
との、お得感だけでもいいと思うのですが、
要点はそこではなく、

座椅子は毎日、必ず使う。
この座椅子に座りますと、
腹筋運動をすることを思い出させてくれる。
そこがすごい。

体なまってきたから、運動しよう、と思い立っても、
いつの間にか、
運動すること自体を忘れてしまいがちですが…

この座椅子に座る度に、
…あぁ腹筋するんだったな。
…ついでに腕立てもしちゃうか。
…ええい、ちょっと走ってこよう!

ってなってしまいますよ、誰でも?

身近なものが重要なことを想起させてくれる、
これはありがたいことです。
自分の手に、ペンで忘れないようメモするようなものですね。

人でも「目につく力」大事だと思います。

前の職場での経験談。
自分が力不足で、ひっそりとしてると、
俺が俺がと他の人がどんどん仕事をして、置いてけぼりをくらうのです。

おろおろするだけで、認められず。
自分が戦力にならないと感じる悲しさといったらありません。
打開策として…

力不足でなにしていいのかわからないなら、
とにかく指揮を執る上司の目につくよう、
常に近くにいる、抱きつき戦法をとりました。

すると、あれやってこれやってと、
どんどん指示されるようになり、実力がついていったように思います。

人の目につき、あ、彼にはプラス1機能がある!
と想起させればさらにしめたものですね。

まずは、抱きつかんばかりに人の視界にはいること、
コミュニケーションもきっとそうですね。
少しはましになったと思いますが、
自分にはそこがまだまだ足りないなぁと、思うところであります。

「腹筋くん」から、
そんなことを思いましたね~秋だからでしょうか?

まぁ、結局のところ、私、

「腹筋くん」は、買わないんですけどね。


つづく…
スポンサーサイト

テーマ : 日記というか、雑記というか…    ジャンル : 日記


Comments

Leave a Comment

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
劇団ぺブルのおしらせ
- Information -

劇団ぺブル
(ペブル・グラベル)
第五回公演
『竹蔵さんのおくりもの』

前売りチケット絶賛発売中です!




-- E N D --
.
.
劇団ぺブル

主催の川西

ブログの書き手:主催の川西
劇団ぺブル
(ペブル・グラベル)は
一年一作
「心にひっかかるオリジナル大衆劇」
をお届けする劇団です!

★次回公演カウントダウン★
★ご訪問いただきましてありがとうございます★
☆劇団ぺブル☆
竭・繝壹ヶ繝ォ繧ー繝ゥ繝吶Ν_convert_20120119104058
☆当劇団へのお問い合わせ☆
コメント、お問い合わせ等、お気軽に!

【E‐mail】
pebble.gravel@gmail.com

【Twitter】
ペブル・グラベルで検索!
(@pebblegravel)

【TEL】
080‐1646‐2063 (制作)

※下記メールフォームに
入力いただいても送信できます。
 
※記事の下部にある
「本文」をクリックすると
コメントを書くこともできます。

☆メールフォーム☆

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。