Archive  RSS  Login

劇団ぺブル(ぺブル・グラベル) 公式ブログ

ペブルは小石。グラベルはもっと小さな小石。足をとめて観てください。小石たちのお芝居を!「心にひっかかるオリジナル大衆劇」を年に一度お届けします!


 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: 主催のひとりごと > 私なりの余談  

第88話 吉備路のサイボーグ杉

桃太郎のモデルとなったといわれる、吉備津彦命を、
主祭神とする神社が、吉備路に二社あります。

吉備津神社と吉備津彦神社。
桃太郎のルーツをたどろうと、
二社を巡ってみました。



↑こちら、長い回廊が見応えのある、
吉備津神社。
この神社で祭礼の供え物として用いられ、
参拝土産として広まっていったのが、
岡山名物吉備団子の起源ともいわれています。



こちらは、吉備津彦神社にありました、
大きな杉の木。

大きいなぁ、と思っただけで、通り過ぎかけますと…

ガイドらしきおじさんが、熱心に子供二人にこの木の説明をしていました。

「この木はねぇ、火事で焼けてねぇ、
倒れそうになったんだけどねぇ、
木のお医者さんがねぇ…」

一生懸命おじさんが話しているのに、
ふーん、うん、ふーん、と、子供達は興味なさそうに上の空な様子。
私達、早く走りまわりたいんですけど…
おじさん話長い…みたいな感。

通りがかりの私の方が、
おじさんの話に食いついてしまいました。

どうやらこの杉の木は、
平安杉と呼ばれているようです。
その名のとおり平安期に植えられ、
樹齢千年に近いそうです。

↓よく見てください。パッと見、気づきませんでしたが、



この平安杉、幹の半分が作り物、
なんとサイボーグ杉なんですね。

80年前、火災に見舞われ、
幹が焼け、幹の中心部が空洞化し、
枯死寸前で倒木の恐れがあったとか。

この平安杉のピンチを救ったのが地元の人々。
寄付で費用を捻出し、樹木医の治療がはじまりました。

有機肥料などを使った土壌改良で根の活性化を図り、
空洞には鉄骨をいれ補強、
朽ちないようにウレタン樹脂を吹きつけたそうです。

樹木医の10年に及ぶ治療の成果が、
ようやく今年の春表れ、
枝先が活発に伸び、葉が多くなってきたとのこと。

瀕死の木が、人間の手により、
九死に一生を得たということですね。

サイボーグ杉として再生した平安杉、
これからも地元の人々の心の拠り所として、
生き続けてほしいものです。

以上、我が岡山、吉備路の旅でした。


つづく…
スポンサーサイト

テーマ : 旅行記    ジャンル : 日記


Comments

Leave a Comment

劇団ぺブルのおしらせ
- Information -

劇団ぺブル
(ペブル・グラベル)
第五回公演
『竹蔵さんのおくりもの』

前売りチケット絶賛発売中です!




-- E N D --
.
.
劇団ぺブル

主催の川西

ブログの書き手:主催の川西
劇団ぺブル
(ペブル・グラベル)は
一年一作
「心にひっかかるオリジナル大衆劇」
をお届けする劇団です!

★次回公演カウントダウン★
★ご訪問いただきましてありがとうございます★
☆劇団ぺブル☆
竭・繝壹ヶ繝ォ繧ー繝ゥ繝吶Ν_convert_20120119104058
☆当劇団へのお問い合わせ☆
コメント、お問い合わせ等、お気軽に!

【E‐mail】
pebble.gravel@gmail.com

【Twitter】
ペブル・グラベルで検索!
(@pebblegravel)

【TEL】
080‐1646‐2063 (制作)

※下記メールフォームに
入力いただいても送信できます。
 
※記事の下部にある
「本文」をクリックすると
コメントを書くこともできます。

☆メールフォーム☆

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。